~へこきの誕生~


 

たまきやは昔から、おじいちゃんとおばあちゃんが

滝の入口でお土産屋さんをしておりました。

そこにお嫁さんに来た、お母さんが、

「赤目滝に来てくれるお客さんに、何かホッとできるお土産をつくりたい」

そう考えて生まれたのが、このへこきまんじゅうです。

 

試行錯誤の末、やっと生まれたのが

お芋さんをふんだんに使ったおまんじゅうでした。

そして、そのおまんじゅうを一口、お父さんに食べてもらったところ、

お父さんが

 

  プッ!!!!!

 

うそみたいな話しですが、おならをしたんです。

 

そして一言。

 

  「へこきまんじゅうや!!!」

 

 

そして家族で大笑いしました。

さつまいもを食べると屁がでる。

そして、このおかしなな名前に笑顔がこぼれました。

 

これがへこきまんじゅうの誕生です。

 

そして今日も滝の入口で、おじいちゃんとおばあちゃんが

「へこきまんじゅうどーですかー?」

と来てくれるお客さんに笑顔を届けています。