へこきまんじゅう忍者福笑門の絵本、『君を守るよ。』がついに誕生。

これはへこきまんじゅうを生み出したお母さんが、 長年ひそかにあたためてきた物語です。

心の奥でどこかさみしい想いを抱いている人、何かに悩んでいる人、、、そんな人には是非読んで頂きたい、

とお母さんは言います。ぜひ、ご覧になってください。

 



 「りゅう」の前に現れたのは、おかしな名前のへこきまんじゅう。

 しかしそれは「福」という名の忍者福笑門だったのだ。

 

誰もが経験する友だちとの問題、大人の世界の嫌な問題、家族との距離感。自分と向き合うことのむずかしさ。

 

そんな中で、もがき苦しむりゅうを福はいつでもそばで見守っていた。

そしていつも優しく語りかけるのである。

 

りゅうと福
りゅうと福

 

 

『大事、大事』や、りゅう。

何が大事なんか、誰が大事なんか、今何をすべきか。

見えてくるまでとなえるんや。

「大事、大事」って。

                   ―「君を守るよ。」より

 

 



これは、へこきまんじゅうに対する母の『大事』な想いが本当につまった本だと思います。

そして、その想いを引き継ぐように、私たち一同は『大事』な想いとへこきまんじゅうを広めています。

 

この本は、絵本ということもあり、お子様にも分かりやすく読んで頂けますが、10代や20代の若い世代や、

大人の方に読んで頂きたい絵本です。

 

若い世代だからこそ、大人だからこそ、きっと何か伝わるものがあると思います。

きっと何か考えるものがあると思います。

そしてきっと、読み終わった後は少しあたたかい気持ちになっていると思います。

 

たまきやのお母さんの想いがつまった『大事』なストーリー。

そして、たまきや長女がそんな母の『大事』な想いを受け取り、 一生懸命手がけたイラスト。

是非、あなたに読んで頂きたいです。

本当に、へこきまんじゅうを生み出し、こんな物語を生み出す母を誇りに思います。

だから、心から、読んでいただきたい物語です。


 

絵本より…

 

 ” 人間ってどんな時にでも食べることができて、その食べ物は自然に腸へ行き、ガスを出す。

 強くっておかしくって、何なんだろう。どんな時でも腹が減り、また笑う。

 まるで、悲しみ苦しみをわすれだす人間のメカニズムのようだ。 ”

 

 

おならをこいたら何故かおかしくて笑ってしまう。

おならは人間の生きてる証。

生きようとしていることを気づかせてくれる、不思議な合図かもしれない。

どんな時でも体は生きようとしていて、命の底力を感じさせてくれる。

今ではそんな「屁」にさえ不思議なパワーを感じます。

そして「へこきまんじゅう」は本当におかしなおまんじゅうだと思います。

『君を守るよ。』 へこきまんじゅう 忍者福笑門  (文芸社)

著者  :たまき ひろみ

イラスト:たまき えつこ

 HP上「お届け便」にても販売中!